原爆のTシャツ

ネット上では、原爆のキノコ雲がプリントされたTシャツを着た韓国アイドルの話題で持ちきりである。彼を擁護する人、批判する人同士で論争が激しさを増している。

私は韓国の芸能人には全く興味がないので、彼らの動向に関心はないが、例のTシャツを作ったデザイナーさんの謝罪については、う~ん?と思う事がある。

デザイナーさんは日本をばかにしたわけではないと言っているけれど…。まず、謝罪の相手は原爆の被害者ではなく、件のアイドルグループが日本のテレビに出演できなかった事に謝罪している様子。謝る相手を間違えていない?

原爆の被害者は日本人だけではない。当時、広島や長崎には朝鮮半島出身の人達や他の国の人達も居たのに。このデザイナーさんは、それを理解しているのかな?

それに、韓国人にとっては旭日旗を連想させるデザインはアウトだよね。旭日旗が絡むと、結構な頻度で日本に向けて謝罪しろとか旗を揚げるな、と言ってくる。確かに、旭日旗は日本に占領されていた時代を連想させるので、韓国の人が不快になる気持ちも解るし、日本側もそれを考慮した対応が必要になる。(旭日旗軍国主義を象徴しているかしていないかの論争は、別の問題だけど…)

それと同じ様に、原爆のキノコ雲のデザインは原爆の被害者の方達にとって、不快で悲しいものだと、どうして想像出来ないのか?

デザイナーさんは歴史に興味があるらしいから、原爆の被害についても、もっと勉強してほしい。

日本がアジア諸国を占領して現地の人達に苦難をもたらした事は事実だし、反省する必要がある。だけど、原爆を肯定する事とは話が違う。原爆は戦争が終わってから十年以上経っても、人を殺し続けていたのだから。