オリンピック③

フィギュアスケート団体戦が熱い!

団体戦は半分お祭り気分。それと、メダルよりも個人戦のリハーサル的な感じだけどね。

男子シングルの宇野選手のショートの100点越えをした!

女子シングルスの宮原選手の演技も素晴らしかった。

宮原選手は点数が残念だったけれど…。

こんな時はいつも「審判の誤審だ」「厳しすぎる」とか取り沙汰されるけれど、そろそろジャンプの判定とかに、AIでも取り入れてみてはどうだろうか?難しいかな?

 

アイスダンスの村本・リード組も健闘!日本にしては、5位は良い順位。

フィギュアスケートのペアの種目で、日本に表彰台クラスは難しいのかな?やっぱり、文化の違いもあるし、特に男子の選手層はそこまで厚くないのかも。

ペアの男性は女性を持ち上げる筋力が必要だけれど、体格の良い男の子はフィギュアスケートをしないで他の競技に行ってしまうからな~。

 

そして、須藤・木原ペアのショート!

ブラボー!ユーリ・オン・アイス!

BLチックな処が満載のアニメだったが、良い話なので、見ていない方は一度どうぞ。

そのアニメの主人公が滑った曲を選ぶなんて…ある意味、勇気があるなぁ。(あくまでも、オリンピックで使ったこと。普通のアイスショーとかなら、全然OK。世界、特にヨーロッパとかは、アニメなどのサブカルチャーへの理解が低いからね。BBCは「カトゥーン」と報道したらしい。う~ん?日本のアニメと完全な子供向けの欧米のカトゥーンとは、全然種類が違うのに…)

凄く素敵な曲なので使いたくなる気持ちは解る。もしかしたら、ペアだから出来たのかな?

男子シングルでは…無理かも(アメリカの選手でOKそうな人がいるけれど…名前は伏せる)

女子シングルでは…メドベージェワ選手なら大丈夫かも。彼女は、このアニメが大好きだから!

 

誰か、エキシビションで使ってくれないかな?