映画:亜人

公開したばかりの実写版「亜人」を観てきた。

綾野剛さん(役名:佐藤、人間に復讐する亜人)が、突っ走っていた(笑)

 

死なない身体(正確には、死んだとしても身体の一部が残ればそこから復活)を持つ亜人

日本政府は亜人を保護すると言って亜人を隔離し、人体実験をする。手足を切り落として反応を調べ、「リセット」と言って殺す。そうすると、亜人の身体は傷つけられる前の状態に戻る。そして、再び手足の切断が始まる。亜人が何度も生き返るとしても、痛いし苦しいのは普通の人間と同じ。

映画の冒頭、主人公の佐藤健さん(役名:永瀬、亜人)に対して繰り返される暴虐。このシーンはステレオタイプ過ぎて、「?」なのだけれど、話の流れとしては必要なシーンなのだろう。

そこに、綾野剛さん(役名:佐藤、亜人)と城戸優(役名:田中、亜人)が助けに来る。

それからは、殆どノンストップ。凄く楽しめた。

 

さて、次は何を観に行こうかな。