読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロキオン

この1年半は残業が続き、自宅に帰るのが夜の八時を過ぎることがあります。

くたくたに疲れきって自宅にたどり着き、ふと、玄関の扉の前で夜の空を見上げると、夜空には薄い雲。その雲の切れ間に、こいぬ座プロキオン

おおいぬ座シリウスの様に鋭くなく、紅いベテルギウスの様な存在感もなく、白く柔らかに輝く星。疲れたね、でも頑張って!と言われた気がしました。

 

行きゆきて 雲に泊まるや 春の星