夜の香

仕事から帰る道すがら、薄闇の中で早春の香り。香りの主の名は沈丁花

沈丁花は、その小さな手鞠の様な花を見るよりも先に、異国のスパイスにも似た濃厚な香を嗅ぐことによって、咲いたことに気付きます。

私が沈丁花に抱くイメージは「春の宵」。

何故かはわからないけれども、香りのある花は、夜に香りが強くなる気がします。沈丁花の香りを嗅ぐと、この雪国にもようやく春が来たことを実感。桜が咲くまで、あと少し。

 

路地裏に 宵闇香る 沈丁花