映画:ソムニア

深夜枠のテレビで放映していたので、観賞。

部類としてはホラーファンタジー

八歳の幼い少年が里親に引き取られる。しかし、愛らしくおとなしい少年コーディには、いわくつきの経歴があった。これまでも数組の里親が失踪したり、コーディを手放しているのだ。

実は、コーディは眠って見る夢が現実になってしまう不思議な能力を持っていた。コーディが眠って夢を見ると、綺麗な蝶が舞う。里親の死んだ筈の実子であるショーンまでもが現実に姿を現し、妻のジェシーはショーンに会いたさにコーディが眠って夢を見ることを切望する様になる。それを批判する夫のマーク。夜毎現れるショーンは本当のショーンではなく只のイメージでしかない。コーディを虐待しているだけだ、と。しかし、ジェシー聞く耳を持たずにコーディを眠らせるための睡眠薬まで手に入れてしまう。

しかし、夢は綺麗な物だけとは限らない。時には、コーディは悪夢も見る。コーディが悪魔を見ると「キャンカーマン」が出て来るのだ。白いミイラの様な化け物の姿をしたキャンカーマンは「いつも、お前の側にいるぞ」とコーディの耳に囁き、現実の人間を襲って飲み込んでしまう。

純真なコーディが可愛らしく、なんとも健気で切なくなる。コーディは自分が眠って夢を見ると周りの人に危害が及ぶ事を知っているので、とにかく眠らないようにエナジードリンクやカフェイン剤を飲み、ベッドの中で蝶の図鑑を眺め続ける。

そんなコーディの健気な努力も空しく、ショーンに会いたいジェシーは、睡眠薬をミルクに混ぜて飲ませてしまう。そして、眠ったコーディの悪夢によってキャンカーマンが姿を現してしまい、マークとジェシーを襲う。しかし、睡眠薬のせいでコーディは目覚めない。結局、マークはキャンカーマンに飲み込まれてしまい、コーディは施設に連れ戻されてしまう。(ジェシーが子供のコーディに睡眠薬を飲ませてしまったから)

コーディを諦めきれないジェシーは、コーディを取り戻すために彼の過去を調べ始め、入院先の病院に乗り込んでいく。病院では、眠ろうとしないコーディを無理矢理に眠らせるために安定剤が注射され(これって、どうなの?)キャンカーマンが出てくるフラグが立つ。

コーディの悪夢によって、病院のスタッフ達は木の根や蜘蛛の糸の様な物でグルグル巻きにされて壁に縫い止められていて、ジェシーはコーディを探して病室をさ迷う。そのひとつで、ジェシーはリビングのソファーに座ったコーディを見つけるが、そのコーディの前に両目が黒い穴になっているジェシーが出てきて、コーディの頭や顔をグチャグチャ、ゴリゴリと両手で捏ね回し、ショーンの姿に作り替えてしまう。(私としては、このシーンが恐くて、印象に残った。やっぱり、コーディは嫌だったのね)

ラストで、キャンカーマンの「真実」が暴かれるのだけれど、それも切ない。ただ、キャンカーマンに飲み込まれてしまった人達の決着の付け方が?でした。

蛇足。

引き取られたばかりの時に、家のリビングでのコーディの立ち姿が、スヌーピーに出てくる男の子のシルエットのまんまだったのが、何か感動してしまった。

映画:海獣の子供

原作の漫画は未読。なので、ファンの方はごめんなさい。

予告で流れていた映像美を求めて観に行った。期待どおりの美しさだったので、その点だけでも観る価値あり。

 子宮の中を満たす羊水の様にトロリとした粘度のある海面。晴れた海、曇りの海、雨の海。優しい海、恐い海、海、海、海。

砂浜に打ち寄せた波が引き、引いていく波に取り残された海水が砂浜に吸い込まれる。潮風が肌を擦り、波打ち際を歩く足の裏や指の間を砂が流れていく。

土砂降りの雨の中で自転車を漕ぐ、顔や身体にぶつかって来る雨粒の痛さと雨に溺れているかような息苦しさ。雨の匂い。

運動場で転んだ膝の擦り傷のひりつき。教室の木の床の固さ。床に散らばる埃の臭い。

う~ん、なんだこの感覚は。映像を観てリアルな「触感」や「嗅覚」の励起が起こったのは初めてだ。

 

残念な評価としては、待ちに待ったクライマックスシーンが、それまでの「これでもか」というくらいの緻密な映像美とはうって変わって抽象的な表現のオンパレード。…眠い。勘弁して下さい、眠いです…となってしまった。

そして話が難解。主人公の女の子の「悩み」と、「祭り」と呼ばれる、地球全体どころか宇宙規模の巨大な事象のバランスに戸惑う。

ジュゴンに育てられた少年二人は、海への生け贄なのか?だとすると、生け贄の必要性が判らない。

海洋学者達が、何やら研究しているけれど、何のために研究しているのか、さっぱり判らない。さらには米軍?まで出てきて、海洋開発の陰謀にまで拡げる意味はあるのか?

主人公の女の子は一匹狼タイプらしく、学校のハンドボール部では孤立気味。チームメイトの一人とトラブっても、味方になってくれる人がいない。顧問の教師までもが、先に手を出した相手のケガばかりを気遣って、膝を擦りむいている主人公をいたわるどころか叱責する。さらに家では、母親がアル中気味で父親は家を出ていってしまっている。アル中の母親と中学生が二人暮らし。おい、父親。それで良いのか?と突っ込みたくなる。たぶんだけれど、この女の子は「お前はしっかりいているから、大丈夫だよな」と言われるタイプなのだろう。それにしても、あんまりだ。

冒頭の水槽の前に立つ主人公の女の子の前に魚が集まる理由は全くなく、謎のまま。誰か、教えてくださいと言いたくなる。

おまけに、途中から出てきた若い海洋学者は、何のために出てきたのか?

原作に忠実なのかも判らないので、もやっと消化不良気味でエンドクレジットを迎えた。

つまり、原作を読めと言うことですね。

 

 

 

バスのドアが開いていますよ

昨日のめざましテレビで、バスのドアが開いた状態のまま数分間走っている動画が放送された。

動画を撮った高校生が「怖くてパニックになった」とインタビューを受けて、めざましテレビは何で開いた状態で走ってしまったのかの検証をしていた。

ん?どこかおかしくない?動画を撮るよりも、先に出来ることあったよね。たった一言「運転手さん、ドア開いてますよ」と言えば良かったのでは?

一番「?」だったのは、めざましテレビの報道の仕方。最後のコメントに「バスの入り口付近で立たない・荷物を置かない」「ドア開いてますよ、と声をかけよう」と言って欲しかった。

確かに、目視での安全確認を怠った運転手も悪いし、ドアが開いたまま走行した場合の安全装置が解除されていた事はバス会社の点検ミスなので、それは批判されて然るべきだけど…。

ただ、毎日通勤や通学の足として使っているバスの運転手さんに、感謝の気持ちがなかったのかな?バスを降りるときに「ありがとう」と言わないのかな?

ネットでは炎上気味。動画を撮った高校生のアカウントは大変なことになりそう。そして、この動画を全国的に「拡散させた」めざましテレビは、この高校生の事を丁寧にフォローして欲しい。しなかったら、大人として無責任では?

誰だって間違えることがある。だから、誰かのミス→動画を撮って晒す、ということはやめて欲しい。そして、報道に携わる人達も、視聴者の動画を軽々しく扱わないで、じっくりと検証してから放送して欲しい。

まぁ、めざましテレビは報道番組と言うよりはバラエティのカテゴリに近いから、期待をするだけ無駄なのかも?

 

 

 

 

映画:ゴジラKOM

怪獣のど突き合い、最高でした。

監督の愛が溢れていました。

モスラは神々しく、ラドンが危ない。

キングギドラが恐ろしく、ゴジラが格好いい。

映画の評価サイトでは、人間ドラマが陳腐だというご意見もありますが、主役はあくまでも怪獣。

ゴジラが格好いい。それだけで良いのです。

虐待って判断が難しいこともある

虐待されて亡くなってしまった女の子の話でもちきり。虐待をしていた父親は、案の定「しつけだ」と言っているらしい。

女の子を守るべき母親も、夫の暴力に怯えて思考停止していたらしいし、教師も教育委員会も役にたっていないどころか、父親の恫喝に負けてしまっている。とても残念だ。

虐待が疑われる事があれば、近所からの通報でも児童相談所が動いてくれるらしい。でも、ある母子家庭で神経質な子供が余りにも頻繁に泣くので、近所から児童相談所に通報されてしまい、対応に振り回されているという話も聞く。難しい問題だ。

 

 

ドラマ:面白南極料理人

お勧め。

数年前に、堺雅人さん主演で映画になった話。

今回は連続ドラマ。

南極基地が舞台なので、舞台は室内だけ。おまけに「おじさん」しか出ない。

でも、面白い。

ドラマ:夕凪の街、桜の国

この間、再放送をしていた。

原爆が落とされてから十年後の広島が舞台。

広島の街は復興して、人々の穏やかな暮らしが流れていく。

主人公は、被爆をした若い女性。

工場に動員され働いていた時に原子爆弾が爆発したが、運良く助かった。でも、崩れた建物の下敷きになってしまった友達を見捨てて逃げたことや、火傷をして苦しんでいる人を助けてあげられなかったこと、死んでしまった人から下駄を盗んでしまったこと…。そして、生き残ってしまった自分を責めている。死んだ人達は決して自分を許さない、と。その罪悪感に蓋をして、彼女は日々を懸命に暮らしている。だから、彼女は自分の将来にも蓋をする。彼女に好意を寄せる男性の気持ちに応えて良いのか、自分はそれを許されない人間なのに。

命だけではなく人間性や生き残った人達の将来の夢までもを奪う戦争の残酷さ。

そして彼女は、原爆症で床についてしまう。死にゆく彼女は問う「嬉しい?原子爆弾を作った人は、また一人殺せたって喜ぶ?」

アジア諸国への侵略から第二次大戦にかけて日本は沢山の外国人を殺してしまった。だから、東京や大阪などの日本の各都市に無差別に空襲された事や広島と長崎に原子爆弾を落とされた事は、自業自得なのかもしれない。これは私の意見。侵略という言葉を使うことへの異論や、アメリカが原子爆弾を使って人体実験をしたかった、またはソ連に対抗するために使った、などの沢山の意見がある。一人一人に意見が違うのはとても大切なことだし、相手が自分と違う意見だからと相手のことを全否定もしない。

でも、原子爆弾は絶対に使ってはいけないという意見、これだけは譲れない。原子爆弾は使用した時の被害だけではなく、戦争が終わっても被害にあった人達を殺し続ける。しかも、それは人種や性別、年齢、職業、主義主張を選ばない。

最後に。件の原爆Tシャツを作ったデザイナーさん、第二次大戦を終わらせたのは原子爆弾のお陰だと思っているアメリカの人たちへ。私の意見では、日本が無条件降伏したのは原子爆弾のせいではなく、ソ連が不可侵条約を破棄して参戦したから、なので。