フィギュアスケート

NHK杯エキシビションが放送中。

カロリーナ・コストナーさんが月の光の幻想的な曲で踊っている。とにかく素晴らしい。

 

さて、日本のテレビ(またはマスコミ)では選手の年齢を伝えるのだけれど、外国のテレビやマスコミではどうなのだろうか?

少し前のカナダ大会では、男性アナウンサーがコストナー選手の年齢を何度も繰り返していた。はっきり言って不快に感じた。

女性の年齢に触れる事は、セクシャルハラスメントに繋がりかねない。(男性でも嫌がる人はいると思う)

年齢を無闇矢鱈に繰り返すのは、エイジハラスメントにもなる。

日本のマスコミの人達には、ぜひとも考えていただきたい。

ラグビー観戦

せっかく晴れたので、自転車で出掛けた。

前から気になっていた、おにぎり屋さんでおにぎりを購入。

家に帰りがてら、薔薇園に寄ってみた。

秋薔薇は殆ど散っていたけれど、薔薇園の横にある競技場でラグビーの試合をしていたので、おにぎりを食べながら観戦。

初めてラグビーの試合を生で観た。とても良かった!

ボールを抱えた選手が走る、ボールをパスする、タックルする、ボールをキックする、スクラムを組んで押し合う処に審判がボールを投げ入れる。ボールを取り、走る、パス、タックル。一つ一つのプレーに熱が感じられた。ルールが全く解らないけれど(知っているのは「前にパスするのは×」くらい)、また観に行きたくなった。

 

蛇足

同じフィールド競技であるサッカーは好きになれない。何故かはわからないが観ていてイライラしてくる。また、サッカー全体の雰囲気が苦手な処もある。サポーターのやんちゃな部分が目立つからだろうか?

その点で言うと、ラグビーはやんちゃな部分が目立たない。同じイギリス発祥のスポーツなのに、とても不思議だ。

 

紅葉


f:id:haruru2004chonko:20171112160115j:image


f:id:haruru2004chonko:20171112160229j:image

紅葉の季節が始まった。

いつもなら西洋楓とか桜の葉が紅葉して、満天星躑躅、銀杏の葉が染まっていくのに、今年の紅葉は、木々の葉が一斉に色付いた感じ。既に銀杏が黄色く色付いた。

 

秋を織る 最後の糸の 銀杏かな

 

この句は今年の紅葉にはそぐわないかも。

映画:ブレードランナー2049

映画館にて鑑賞。

前作と異なり「アクションはオマケ」という感じなので、アクションを求めて観るのは止めた方が良いかも。

バレエのコンテンポラリーの様な「静寂」を内包した映像。映画を観ているのに、近代美術館で芸術鑑賞をしている様な不思議な感覚。

エイリアンの前日譚を描いた「プロメテウス」にも似ている。リドリー・スコットが制作しているからだろうか。

 

ブレードランナー、K(ケイ)。新型のレプリカントである彼は、旧型のレプリカントを狩る任務を黙々とこなしていた。ひたすらに孤独な彼は、擬似恋人であるホログラフィープログラムのジョイに慰めを求める。

Kは任務として「ある人物」を捜す事となるのだが、それにはの「子供の時の記憶」が絡んでいく…。

Kの外見は成人男性であるが、内面は自分の存在意義を問い始めた思春期の少年の様だ。

話が進むにつれて、Kの孤独が埋められる事を祈らずにはいられなくなる。とにかく、せつない。最後のシーンが特に。

 

街の映像広告にカタカナがあったり、放射能に侵された土地(たぶん、ラスベガス)にあるホテルにハングル文字があったり、と意味深長。

 

色々と考えさせられる映画だった。

 

上映時間が3時間近く、冗長に感じるシーンもあるので、覚悟をして観ることが必要かも。

ブレードランナー2049

さて、35年を経ての続編。

映画館で観るか観ないか思案中。

前作は映画館で観たかな?う~ん、うろ覚え…映画の内容も曖昧になっている。

最近は記憶力に自信がない。ハリソン・フォードもだけど、私も歳をとった。(笑)

 

と思っていたら、タイムリーな事に前作のブレードランナーがテレビ放送された。深夜放送だったけど。さすがに起きていられなかったので、録画。そして鑑賞。

前に観た時はデッカードのナレーションがなかった。テレビ放送はナレーション付き。「余計な演出だなぁ」と感じつつ、オープニングから暫くの間は「こんな映画だったかな?あんまり覚えてないな~」と観ていたら、ルトガー・ハウアーが出た瞬間「あっ!」と全てを思い出した。そうそう、このアンドロイド役が凄く良かったのだ!

映画のラストに、残酷なアンドロイドが最後に見せる慈悲。このシーンが良い!

デッカードのナレーションが邪魔!デッカードを助けたアンドロイドの心情なんて、ナレーション入れなくても解るから!)

 

さて、このルトガー・ハウアー。現在は面影がない。貫禄のある「おっちゃん」になっている。

ルトガー・ハウアーが主演している映画では、マイナーだけど「レディホーク」が好き。歴史ファンタジー物でラブロマンス物。まだルトガーも「シュッ」としてるしね(笑)

ヒッチャー」は、ヒッチハイクの人が怖くなる映画。でも、ルトガー・ハウアーの演技の凄みが楽しめる。

 

 

コンビニ。肉まん。

10月も半月が過ぎ、朝や夕方の空気がすっかり冷たくなり、コンビニで肉まんに目が行くようなった。

肉まん。美味しいよね。

ふかふか、ほわほわ❤

パクっと一口かじる。肉の脂がじゅわっ❤

豚肉も美味しいけど、タケノコも好き。

値段が高めの肉まんよりも、安い肉まんの方が美味しかったりする。