これは「公開いじめ」じゃないの?

昨日は一日中モヤモヤしていた。

原因はわかっている。一昨日、放送されたあるテレビ番組のせいだ。

過去に話題になった人を探し出して、現在は何をしているのかを紹介するという、お馴染みの内容のバラエティ番組。

 

その番組に、東京都の前の都知事の舛添要一さんが出演していた。

舛添さんは股関節の傷みが悪化して、人工股関節を入れ換える手術をした後、リハビリに取り組んでいた。でも、家の外を歩きたくても、マスコミの取材を用心して余り出歩けないということだった。

番組は、さらに舛添さんの現状を伝えていく。

舛添さんは都知事を辞職した経緯ゆえに、再就職もままならず、二人の子供さんはこれから学費等のお金が掛かる時期(大学にも行かせたい)とのことで、家族を養うためにも、テレビ業界に戻りたいとのことだった。

 

自業自得とは言うものの、リハビリも満足に出来ないのは、流石に気の毒。子供さんも微妙な年頃だろうし、大学に行かせてあげたいってのは、親なら当然思うとことだし…。

 

ここで、舛添さんがスタジオに登場。

けれど、このスタジオでの舛添さんの扱いが余りに酷かった。

まさに、公開いじめ。

公用車や政務活動費の使い方についての会見のVTRを流して、雛壇に座った芸能人達が一年間と同じ批判を繰り返すという、意味がない内容がしばらく続いた。

股関節が痛いという事に対しても、同じく股関節に障害がある芸能人が「お風呂で足が伸ばせないぐらい、我慢するべきだ!私だって先天的に股関節に異常があって手術をした。私みたいに股関節が痛い人達は、別荘でゆっくりできる舛添さんみたいに恵まれていない!」と批判した。

この意見には、流石にホリエモンこと堀江貴文さんが「自分と同じ苦しみを持っている人が、自分より恵まれた環境にいることを批判するべきではない」とたしなめていたけれど。 

…まったくその通りだ。自分より恵まれている人を「狡い」と批判するのは、ただの嫉妬でしかない。

 

そして、私が「これは、公開いじめだ」と一番感じたのは、舛添さんが「趣味」である書道の腕前を披露する場面だ。

舛添さんの娘くらいの年代の若い女性芸能人が書く文字を「お金」と指定した。

舛添さんに「お金」と書かせる。まず、それに底意地の悪さを感じた。

舛添さんは黙って色紙に筆を走らせた。

折り曲げた左手を身体の前に置く、ちょっと独特な姿勢。書かれた文字も独特な書体。

残念ながら、余り上手とは言えなかった。

スタジオ内に失笑が漏れた。

司会者が、なんとか場を和ませようとして舛添さんが書いた文字について気の効いた感想を言ったのに、ある女性芸能人がいきなり「書道をする姿勢が間違っている!」と舛添さんを批判(と言うか、糾弾に近い勢いだった)した。彼女の批判はただ舛添さんを貶める悪意しかなかった。

…冷静に考えて欲しい。舛添さんは書道家ではない。ただ、書道を趣味として楽しんでいるだけだ。どんな姿勢で書道をしようと、舛添さんの自由の筈だ。

あの女性芸能人が舛添さんを批判していた時の顔は、私にはとても醜く見えた。

そこで舛添さんのコーナーは終わり、別の人の話題に切り替わった。

 

 雛壇に座っていた芸能人達も、ただ自分たちに与えられた役割を演じただけなのかも知れない。

舛添さんの自業自得と言えば、そうなのかも知れない。

出張費や公用車の使い方、政務活動費の使い道等で問題があった事は批判されてしまうのは仕方がない。

でも、あそこまで舛添さんを貶める必要があったのか?

 一度、間違ってしまった人は再チャレンジが出来ないのか?

 

とにかく、昨日は一日中モヤモヤしていた。

 

映像化希望! その1

「美食探偵 明智五郎」

ジャンルは少女漫画。作者は東村アキコさん。

東村アキコさんの作品は、海月姫東京タラレバ娘が既に実写化されているので、可能性は高いと思う。

自分本意の配役あり。なので、イメージに合わない場合は、お許しを。

 

○主人公の探偵、明智五郎。

一流百貨店の御曹司で美食家。

外見の特徴は、ウェーブのかかった前髪にループタイ。年齢的には三十代後半から四十代始め位?

探偵事務所の名前は「江戸川探偵事務所」。

 

   配役は難しい!

      北村一輝さん、だと少し上過ぎる?

      堺雅人さん

      玉木宏さん、だと少し若い?

      稲垣吾郎さんは少しキャラが弱いかな?

      

○相棒の女の子。小林苺。

ワゴン販売のお弁当屋さん「イチゴ・デリ」のオーナー。

明智探偵に無理やり相棒にさせられ「迷惑だ!」と言いつつ、探偵調査に付き合ってあげるお人好し。

明智探偵は苺の作るお弁当がお気に入りなのに、苺のことを名前で呼ばずに「小林一号」と呼ぶ。

 

  配役は、 土屋太凰さん かな?

  もう一人の候補は芸能界から消えました…

 

○宿敵?  仮称「マリア・マグダラ」

ファミリーネーム(苗字)は「竹澤」。ファーストネームは不明。

智探偵に夫の素行調査を依頼したことにより、道を踏み外していく。

 

  配役はイメージ的に

    中谷美紀さん(ハマりすぎかな?)

    松雪泰子さん

    檀れいさん

   

○警視庁の警部。上遠野。

明智探偵の大学の同級生(大学なら同期生かな?)

明智探偵に、美味しい物を食べる集まり「東京美食倶楽部」に引きずり込まれた。

因みに大学の名前は「東京集英中央大学」。

 

 配役は

    安田顕さん

    佐々木蔵之介さん

 

○上遠野の部下。高橋。

東大出身のエリートキャリア。明智探偵のファン。

 

配役は

    北山宏光さん(Kis-My-Ft2

 

少女漫画だけど、内容は結構重い。主題は「人殺し」なので。「マリア・マグダラ」に誘導されて、殺人事件が起こっていく。しかも、犯人は断罪されない。

ストーリー展開に意外性があって、面白い!

ので、ドラマ化して欲しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画:東京喰種

石田スイさん原作。人気漫画の実写版。

漫画の実写化は、原作のイメージを壊す事が多いけれど、これは良い例外。  

映像もストーリーも俳優さんも原作に近くて、良かった!

主人公の「カネキ」を演じた窪田正孝さん。

自分の意に沿わず喰種になり、人間の肉しか食べられなくなってしまった青年。

人間の肉を食べたい欲望と、原罪とも言える人肉食の拒絶。凄まじい葛藤を演じた彼に喝采。

窪田正孝さんは意外に肉体派で細マッチョの筈なのに、人付き合いが苦手で弱気な青年であるカネキのひ弱な雰囲気が凄くピッタリ。

普通の食べ物が受け付けられなくなり、人の肉を食べたくて夜の街をさ迷うシーン。

ただ一人の友達であるヒデを守るため他の喰種と戦かったのに、血まみれで意識を失ったヒデを食べたくて仕方がなくなるシーン。

そして、半分人間で半分喰種の自分を受け入れてくれた「あんていく」の仲間をCCG(喰種対策局)から守るために、CCG捜査官の亜門と命懸けで戦う。その途中「人殺しになりたくない」と慟哭するシーン。

どれもが、とても良いシーンだった。

 

続編を観たい。でも、映画を作るには相当お金がかかるだろうし、シリーズ物になったとしても、一体、何本になるの?…原作は、まだ連載中だしね。

それに、続編があるとしても、トーカ役の女優さんは誰になるのかな?

 

オマケ。漫画の実写版の予告編が二つあったので、その感想を。

○「亜人」…原作は読んだ事がない。

  期待値大。また、観たい映画が出来た。

  綾野剛さんの狂気の演技が観たい。

○「鋼の錬金術師」…原作は大好きな作品。

 …ウーン。日本人が演じるのは、凄い違和感。

 主人公のエドワード役の山田涼介さんの髪の色が変! 金髪過ぎるというか、彼には似合わない色。もっと検討して欲しかった。茶髪でも良いのに。

 そして、ロイ・マスタング役はミッチー(及川光博さん)じゃない(笑)。いやいや、ディーン・フジオカさんが駄目というわけではないんだけどね…。 ホムンクルス役はイメージに近いけど、やっぱり、あの世界観を日本人が演じるのは無理。 モブの人達も違和感あり過ぎ。

 調べてみると、無理やり実写版の代表作である「宇宙戦艦ヤマト」を作った会社。

なるほど、ジャニーズつながりかぁ。ジャニーズ映画を撮りたくて、人気のある話を…というパターンなのかな?

お盆休み、始まる

お盆休み。故郷に向けて大移動が始まった。

故郷には、待っている人がいるから。

当たり前だけれど、幸せなこと。

 

ホームから 幸せ見送る 盆の入り

花火大会

朝から雨。

今夜の花火大会は大丈夫なのかな?

打ち上げ花火は、近くで観ると凄く迫力があるけれど、遠くから眺めても楽しい。

花火が開いてから、少し後に音が追いかけてくる。「光と音の伝わる速さが違う」と教えてもらった事を思い出す。

子供の頃は家の周囲が田んぼだらけだったので、家の二階から遠くの空に上がる花火を観ることが出来たが、最近は周囲から田んぼが消えて家々が建ち、観ることが出来なくなってしまった。

街が発展していくのは良いことだけれど、本当の豊かさとは?と、こんな事でも考えてしまう。

 

花火咲く 遠くの空に ふわり咲く

つんつん

ハリネズミカフェに行ってきた~。

お店の名前は、つんつん。そのまんまやん!

わかりやすくて、可愛いけど。

f:id:haruru2004chonko:20170722101103j:image
とにかく、ハリネズミが可愛い!

私達のテーブルに来てくれたハリネズミ君がとにかく元気。箱の砂を掘りまくる。

手袋をして膝の上で抱こうとしても、イヤイヤ!という感じで暴れる→落としそうで怖くて箱の中に戻す→再チャレンジ→イヤイヤ!→箱、の繰返し。


f:id:haruru2004chonko:20170722101315j:image

でも、仕方ない。ハリネズミは、犬や猫の様にはいかない。だって、ハリネズミだから。ツンデレならぬツンツンだしね❤

背中に針があるくらいなので、やっぱり背中を触られるのは嫌みたい。背中を触ろうとしたら、ざわっという感じで背中の針を立ててピクッと身構える。

手袋も嫌そうなので、素手でチャレンジ。背中の針が少し痛いけれど、我慢できるくらい。

素手で触っても、モフモフ要素はほぼない。

かろうじて、お腹かな?

鼻先に指を近づけると噛みつかれる。でも、甘噛み程度なので大丈夫。

少し痛くても、可愛いから許す😆

店員さんいわく、この子は優しく噛んでくれるとのこと。

席はほぼ満員。お客さんは、全員がハリネズミに夢中。ハリネズミしか見ていない。そして、みんな笑顔。

 

お店の中は明るくて、清潔感があります。

カフェといっても、飲み物は自販機の紙コップ。飲み物目的ではないから、充分なのかも。

 

ハリネズミが忙しなく動き回るので、アップはピンぼけ。

 
f:id:haruru2004chonko:20170722101157j:image

カイカイ!


f:id:haruru2004chonko:20170722101455j:image

七夕

 

紫陽花の花色が褪せてきている。暑い夏がすぐそこ。

明日は七夕。明日の夜、彦星と織姫は逢えるかな?子供の頃は、家の軒先の笹飾りが嬉しかった。

 

   逢いたしと 短冊飾る 星祭り

 

 初夏の夜。星空には蛍の灯りが似合う。子供の頃は家の側の田んぼに、沢山の蛍が飛んでいた。今は街の灯りが灯っている。

 

   懐かしき 蛍の川の 優しさよ

   歩道橋 流れる街の 天の川

 

雨が降り続く。雨が止んだら、虹が出てほしい。

 

  ホーム立ち 行く手に架かる 虹つかむ