ドラマ:夕凪の街、桜の国

この間、再放送をしていた。

原爆が落とされてから十年後の広島が舞台。

広島の街は復興して、人々の穏やかな暮らしが流れていく。

主人公は、被爆をした若い女性。

工場に動員され働いていた時に原子爆弾が爆発したが、運良く助かった。でも、崩れた建物の下敷きになってしまった友達を見捨てて逃げたことや、火傷をして苦しんでいる人を助けてあげられなかったこと、死んでしまった人から下駄を盗んでしまったこと…。そして、生き残ってしまった自分を責めている。死んだ人達は決して自分を許さない、と。その罪悪感に蓋をして、彼女は日々を懸命に暮らしている。だから、彼女は自分の将来にも蓋をする。彼女に好意を寄せる男性の気持ちに応えて良いのか、自分はそれを許されない人間なのに。

命だけではなく人間性や生き残った人達の将来の夢までもを奪う戦争の残酷さ。

そして彼女は、原爆症で床についてしまう。死にゆく彼女は問う「嬉しい?原子爆弾を作った人は、また一人殺せたって喜ぶ?」

アジア諸国への侵略から第二次大戦にかけて日本は沢山の外国人を殺してしまった。だから、東京や大阪などの日本の各都市に無差別に空襲された事や広島と長崎に原子爆弾を落とされた事は、自業自得なのかもしれない。これは私の意見。侵略という言葉を使うことへの異論や、アメリカが原子爆弾を使って人体実験をしたかった、またはソ連に対抗するために使った、などの沢山の意見がある。一人一人に意見が違うはとても大切なことだし、相手が自分と違う意見だからと相手のことを全否定もしない。

でも、原子爆弾は絶対に使ってはいけないという意見、これだけは譲れない。原子爆弾は使用した時の被害だけではなく、戦争が終わっても被害にあった人達を殺し続ける。しかも、それは人種や性別、年齢、職業、主義主張を選ばない。

最後に。件の原爆Tシャツを作ったデザイナーさん、第二次大戦を終わらせたのは原子爆弾のお陰だと思っているアメリカの人たちへ。私の意見では、日本が無条件降伏したのは原子爆弾のせいではなく、ソ連が不可侵条約を破棄して参戦したから、なので。

ドラマ:今日から俺は!

観ていると、楽しくなるドラマである。

ツッパリ全盛期に学生だったから、三橋くんの短い学ランや女の子達の髪形(聖子ちゃんカットや中森明菜風)や足首まで届く長いスカート(今は短すぎるスカートが注意されるとは…時代も変わるものだ)に「あ~、こんな感じの同級生が居たな~」と、懐かしさもプラスされ、次の回が待ちきれない。

主人公の二人がとにかく格好良い。三橋くんは見事にずる賢いし、伊藤くんは真面目(笑)にツッパリをしている。

でも、脇を固めるキャラクターも好きすぎてたまらない。

紅高の今井くんと谷川くん。今井くんの馬鹿さ加減に優しく突っ込む谷川くん、開久の頭である片桐くんも格好良いし、二番手の相良くんが怖すぎる。

女の子も可愛い。理子ちゃんは「風紀委員だから」と三橋くんに注意と言うアプローチをしているし、伊藤くんの彼女である京子ちゃんは、スケバンとブリッ子(もはや死語。若い人は解るかな?)のキャラクターでくるくると表情が変わる。俳優さんって凄い。

それに、高校の先生が(それなりに)尊敬されているのが良い。先生も生徒達を温かく見守っているところも懐かしい。学生時代は服装検査がとにかくウザかったけれど、先生もそれなりに目こぼししてくれていたし、それなりに余裕があったな。今は学校だけではなく、父兄や周辺に住む人からも色々言われるから、先生も大変。

福田監督の作品ではお馴染みの佐藤二郎さんとムロツヨシさん。二人の演技が可笑しすぎて、相手役が横を向いてカメラから表情を隠しているのは、堪えきれずに笑っているかららしい。

 

気に入らないのであれば…

さて、例の原爆Tシャツ騒動…。困った方向に飛び火している。

件の韓国アイドルグループの熱狂的なファンがアルバイトをしていると、そこに来たお客さんが、自分の好きなアイドルグループの悪口を言っていたので、仕返しにそのお客さんの名前等の個人情報を暴露してやる、とツイートしたらしい。

幼稚で馬鹿馬鹿しいくらいに程度が低い発言だけれど、その後のネットの反応が怖い。

驚くくらいの早さで、馬鹿なツイートをした人物の名前や学歴、その他諸々の個人情報がネットに晒されてしまった。いわゆる「デジタル・タトゥー」が、その人物に刻印されたのだ。

脅迫めいた発言を軽々しくツイートして、個人情報を暴露してやる、と発言してしまった事は批判されて当然だけれど、それを懲らしめるため、逆にその人物の個人情報をネットに晒すのは如何なものか?

気に入らないのであれば、ツイートにツイートで反論すれば良いのでは?

原爆のTシャツ

ネット上では、原爆のキノコ雲がプリントされたTシャツを着た韓国アイドルの話題で持ちきりである。彼を擁護する人、批判する人同士で論争が激しさを増している。

私は韓国の芸能人には全く興味がないので、彼らの動向に関心はないが、例のTシャツを作ったデザイナーさんの謝罪については、う~ん?と思う事がある。

デザイナーさんは日本をばかにしたわけではないと言っているけれど…。まず、謝罪の相手は原爆の被害者ではなく、件のアイドルグループが日本のテレビに出演できなかった事に謝罪している様子。謝る相手を間違えていない?

原爆の被害者は日本人だけではない。当時、広島や長崎には朝鮮半島出身の人達や他の国の人達も居たのに。このデザイナーさんは、それを理解しているのかな?

それに、韓国人にとっては旭日旗を連想させるデザインはアウトだよね。旭日旗が絡むと、結構な頻度で日本に向けて謝罪しろとか旗を揚げるな、と言ってくる。確かに、旭日旗は日本に占領されていた時代を連想させるので、韓国の人が不快になる気持ちも解るし、日本側もそれを考慮した対応が必要になる。(旭日旗軍国主義を象徴しているかしていないかの論争は、別の問題だけど…)

それと同じ様に、原爆のキノコ雲のデザインは原爆の被害者の方達にとって、不快で悲しいものだと、どうして想像出来ないのか?

デザイナーさんは歴史に興味があるらしいから、原爆の被害についても、もっと勉強してほしい。

日本がアジア諸国を占領して現地の人達に苦難をもたらした事は事実だし、反省する必要がある。だけど、原爆を肯定する事とは話が違う。原爆は戦争が終わってから十年以上経っても、人を殺し続けていたのだから。

休刊

新潮社の新潮45が、休刊することになった。

例の議員の「LGBTは生産性がない」の寄稿について、肯定的な記事を載せたらしい。

「らしい」というのは、その記事を読んでいないからだけれど、作家さんを始めとして評論著述業を生業としている人達や本屋さんが軒並み新潮社を批判しているので、酷い内容だったのだろう。

新潮社の社長さんも記事の内容を批判しているので(ただし謝罪がなかったので、批判されているけれど…)、まだ救いはある様子。

この騒ぎについて、件の議員に感想を聞いてみたいものだ。

交通事故に出くわした時に…

モーニング娘の吉澤さんが、飲酒運転の上、ひき逃げをしてしまった。弟さんを交通事故で亡くしているのに、何故?非常に残念だ。

ひき逃げをした瞬間の映像がテレビで流れていたけれど、怪我をした二人を助けることなく、その場を去った人達を批判するコメントが少なくない。

事故現場から去って行った人達について、ある教育評論家は苛めにまで繋げて批判をしていた。…何だかな~。

確かに事故に出くわしたら、怪我をした人達を助けることは大切だけど、果たして自分がその場にいたら、助けることが出来ただろうか?と思う。はっきり言って、私は自信がない。

あの映像は凄く短いし、被害を受けた人達は何とか立ち上がってもいた。

ほんの十数秒間の映像で、その後の対応は流れていない。あの短時間であれば、ビックリして対応出来ずに、いつもの行動をとってしまっただけではないだろうか?怪我人にすぐさま駆け寄るなんて、ほぼ無理なのでは?特に高校生くらいの子供は無理だ。

この教育評論家は、この高校生くらいの子供達がネットで批判されている現状をどの様に思っているのか?教育評論家なら、心理学の勉強もしている筈ではないのか?苛めを見て見ぬふりをする人間の心理を勉強しているのではないのか?

後付けで批判をする事は、誰でも出来る。

 

映画:マイマイ新子と千年の魔法

アニメ映画「この世界の片隅に」の片渕素直監督の作品。お奨めである。

昭和三十年代くらい? の山口県が舞台。

主人公は小学校の中学年くらいの二人の女の子。空想好きな新子と東京から転校してきた貴伊子。いわゆる、ガールミーツガールの物語。(何となく赤毛のアンを連想していると、なんと似たエピソードがあった)

舞台は麦畑が広がる田舎町。豊かな自然の中で、子供達が生き生きと遊ぶ。畦道に咲く野花が美しい。子供達の周りには音が満ちている。雲雀や鳶の鳥の声。蛙の合唱。お米のポン菓子「ドカン」(私の町では「パクン」だった)を作る破裂音。草笛の音。用水路である川のせせらぎには、ドジョウに何処かから紛れこんだ金魚が泳ぐ。空には天の川が横たわり、夏は蛍が群れ飛ぶ。子供達の日々が自然の中で紡がれていく。

そして、子供達の世界は無邪気なままではなく、どうしようもない大人の事情に幻滅したり悲しんだり憤慨したりもする。

さて題名の「千年の魔法」であるが、山口県は古来から周防の国と呼ばれていた。新子は祖父から千年前に都があったと聞かされ、その都を空想する。その周防の国府に赴任してきた清原元輔の娘、諾子(なぎこ)。京の都からやって来た彼女は友達が居なくて、一人ぼっち。その女の子が友達を見つけるまでの物語がたびたび差し込まれる。(ちなみに、大人になった彼女は凄く有名な人物である。現代であれば人気ブロガー? と言われる随筆家である)

 懐かしい景色、懐かしい音。小学生の上級生から小学校に上がる前の小さな子までひっくるめて遊んでいたあの頃を思い出す。